看板
題字(書家:井下石泉/工芸家:柴田芳弘)
玄関です。 ギャラリーSHIMA
  〒662-0036
    兵庫県西宮市大井手町7-15
    TEL : 0798-70-7000
    FAX : 0798-78-7700
区切り線
展覧会 目次展覧会 2006年 下半期 > ID・詩 −絵画展'06− 2006.10.17〜10.22

2006年10月17日(火)〜10月22日(日)
午前11時〜午後6時 (最終日22日は午後5時まで)
ID・詩 −絵画展'06−

ID・詩 −絵画展'06−

ID・詩 −絵画展'06−
(アクタ西宮)
id小品展
(ギャラリーSHIMA)

風のノート
「水面の上、風が通る。」

杉本裕子


会場風景(アクタ西宮)
会場風景(アクタ西宮)
区切り線
ずっと以前から、
山口薫が好きで
画家の書いた雑言として、
心にしみるものがありました。
ベルンに「パウル・クレー・センター」ができて
開館記念展が大阪大丸で行われ、
小さなクレーの絵のよこに
詩があって、
あまりの上品さと、奥ゆかしさで
胸がいっぱいになって
こんな展覧会を、秋に
私たちも小さなギャラリーで
是非、やってみようと、その時
思いました。

小品'06
杉本裕子


会場風景(ギャラリーSHIMA)
会場風景(ギャラリーSHIMA)
区切り線
人物、風景、静物、などの具象作品から、
イメージや、抽象的な作品まで
幅広く出品します。
描く材料も自由で、全部で30点、
メンバーは、他府県の方も居て、
年齢も性別も異なりますが、
自分の描きたいテーマを
それぞれに制作しました。

id−結局、自分の為に描いているんだと思う。
   絵を描くことを必要としてきた人たちが、
   こうして 同じ部屋で、一枚の
   白い画面に向かっている。




2001年 5月 4人の生徒さんたちが集まる。
2002年 自宅から夙東市民館へ移動
2003年 教室の名前−id   id−(ラテン語)無我意識
                       (他)井戸、identity
       9月 第1回id展−絵の小屋−(西宮市民ギャラリー)
2004年 8月 第2回id展−長い旅−(原田の森ギャラリー)
2005年 2月 id galarie−3 (西宮市民ギャラリー)
       8月 5人展−1  5人の椅子(原田の森ギャラリー)
       教室−原田の森・実技室、夙東市民館と2ヶ所に。
2005年10月 id小品展(ギャラリーSHIMA)
2006年10月 id・詩 −絵画展'06−(西宮北口ギャラリー)
          id 小品展(ギャラリーSHIMA)


このページのトップへ

区切り線
Copyright (C) 2006 GALLERY SHIMA. All rights reserved.
本ホームページ上のあらゆる画像・文章などの無断複写・無断転載を禁じます。